女性用ふんどしが誕生するまで

ふんどしそのものの歴史は古く、戦国時代頃から存在していたようです。

時間的に見ると、誕生してからおよそ600年ぐらいになるのでしょうか。

とにかく、長い間使われてきたというわけですね。

しかし、それは男性用としてだけで、女性用として使われることは、あまりなかったみたいです。

ただ、日本書紀には、ふんどしとよく似た下穿きの総称として、「褌」という言葉が使われていたこと。

そして、江戸時代には、女相撲が盛んになり、女性がふんどしを身に付ける場合もあったこと。

つまり、時代によっては、女性もふんどしを着用することもあったわけですね。

ですが、ここ何世紀かの間は、女性がふんどしを身に付けることはありませんでした。

ところが、最近になると、女優の高樹沙耶さんが、TV番組の取材で手作りのふんどしを愛用していると発言して、話題を呼びましたよね。

なぜこんなに急に流行ったのかというと、従来のパンツよりもムレることがなく、風通しが良いためなのだとか。

それならば、生理のときの、あのジメジメした感触がなくなりそうです。

あと、男性用とは違い、カラフルでかわいいなものが出回っていますね。

特に、パンドルショーツという商品が人気を集めています。

女性用のふんどしが人気だと初めて聞いたときは、正直驚いたものです。

一体、どうしてふんどしなのだろうか、と。

あんなにヒラヒラしたものを身に付けて、恥ずかしくはないのだろうかと思いました。

でも、人気があるということは、それだけ実用性があって使いやすいということ。

今の世の中、何が流行るのかわからないものですよね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。